スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2011'04.30 (Sat)

タブーを逆手に「下ネタ」芸

◆まだまだ未熟な気軽に語る文化

吉本興業の「モリマン」という女性2人組の芸人がいる。
ホルスタイン・モリ夫、種馬マンという芸名から想像がつく通り下ネタ
つまり下半身の話で笑わせる。
といっても色気とは無縁、いわば男子中学生の放課後の悪ふざけだ。

『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』の中で、
山崎邦正とバトルするモリ夫を見たことがある人も多いだろう。

この「モリマン」は、茶髪で化粧っ気はないボーイッシュな2人。
「ウンコ」「チンチン」「ケツ」などという言葉がポンポン飛び出す。
「マッチ売りの少女」に扮(ふん)したコントの中で突然モリ夫がつぶやく。
「ああー、 SEX してえな」。
乗り過ぎてパンツを下ろした時は、さすがに周囲に怒られた。

男性から「女なのにあそこまでやるか」と非難されることも少なくない。
「でも、そう言われるとかえってうれしい。
女の子っぽい笑いは好きじゃない。中性的な所を出すのがねらい」

学生からフリーアルバイターを経てこの道に。
一昔前、コントの材料に困ってつい下ネタを叫んだら、思いのほか受けた。
高校生のファンは「普通の人ができないことをし、
言えないことを言う。それが爽快(そうかい)」。

モリマンは、性のタブー感を逆手に取って笑わせる。

「保健の教科書に出てくる言葉や表現の方が
よっぽどいやらしく感じる時がある。
といって普通の女の子が SEX の体験とかをあけすけに
話しているのを聞くと、私ら、あそこまで下品じゃないなあと思う。
もっと明るく楽しく話せればいいのに」

性に関する情報はあふれていながら、
日常、性を気軽に語る文化は育っていない。
特に女性は「女の子なのに」とブレーキをかけられる。
そして「いい年をして」という言葉は、中高年に向けられる。

その中高年の男性の間で最近、
性体験投稿誌がひそかなブームになっている。
いずれも300ページほどで活字がぎっしり詰まっている。
投稿は匿名や仮名だが、年齢を見るとほとんど50代以上。
中には80代も見受けられる。

「性欲も興味もあるのだが、妻には拒否される。
性に関してオープンに口に出せない世代。
だから、他の人がどんな性生活や体験をしているのか興味がある。
投稿は一種のストレス解消」とベテラン編集者が説明する。

「老妻をなだめ、好評のラブホに強引に車を乗り入れた時」(73歳)、
「美しい熟女を見れば、肌に触れ、キスし、 SEX したい。
聖人君子の心は現世から遠ざかる」(64歳)

文章も用語もやや古めかしいが、しっかりとしている。

東京都渋谷区の筆名・大竹亘人(あきと)さん(63)は、
投稿仲間で作る誌友会と、別の雑誌から広がった
「性を楽しく語る会」の2つのグループを主宰する。
どちらの会合でも「初めての体験」などのテーマを決め、
出席者に話してもらう機会を設けている。 最初は皆とまどう。
大竹さんらが話を引き出すように質問を投げかけると、
少しずつ気持ちがほぐれて話し出す。

「入会してくるのは公務員、教員、警官など現役のころは
堅い職業だった人が多い。ストレスのかたまりなんでしょうね」

家族には秘密にしている人の方が多い。
まだまだ性に関心を持つこと自体、「年がいもなく」と言われがち。
連絡をとる際も、当たり障りのない団体名を名乗る。

「書きたい、語りたいという人が多いのは、
どれだけ語れないかの裏返し。
上司とか同僚とかの間でも、もっと性をフランクに話せれば、
こんな会はいらないんですよ」と大竹さん。

確かに性は秘められたものだ。
タブーがあるからこそ魅力的だという人も多いだろう。
しかし、雑誌にヘアヌードが、ネットでは無臭性がはんらんするなど
商業的な性表現が進む一方で、日常的に性を語る文化は育っていない。
下ネタコントへの笑い、性体験投稿の流行は
「性の解放」がまだアンバランスであることを教えている。

>>> http://keroro.chu.jp/nana-star/
スポンサーサイト
Edit  |  01:32  |  くろみゆ雑記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


管理者だけに表示

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。