スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2011'05.24 (Tue)

今明かされる女性の性感帯「Gスポット」の謎


 女性の究極の性感帯ともいえる「 Gスポット 」は一体どこにあるのか?

 研究所、そしてベッドの中で半世紀以上にわたり模索されてきたその位置が、
いよいよ特定されることになりそうですよ♪

>>> http://keroro.chu.jp/url/00000049/


 Gスポット とは、1950年にドイツの産婦人科医
グレーフエンベルク(Ernst Graefenberg)博士が発見した
膣(ちつ)内の性感帯のことで、博士の名前の頭文字から名付けられたもの。

 ここが刺激されると極度のオーガズムが得られるとされますが、
その位置は明確ではなく、存在そのものを否定する専門家もいたんだって。

 イタリアのラキラ大学の教授が、 Gスポット について
「確かに存在するが、全員に備わっているわけではない」
とする研究報告を英科学誌ニュー・サイエンティストに発表しました。

 同教授は「膣内オーガズムを感じたことがある」と答えた9人と、
「感じたことはない」と答えた11人の膣内を超音波スキャンし、
前者のグループは後者よりも Gスポット エリアとされる
膣前壁の組織にはっきりとした厚みがあることが判明!!

 「 Gスポット エリアとされる部分が実質的に存在しない女性の場合、
膣内オーガズムを得られないことが初めて立証された」としています。

>>> http://koibon.com/sftrap.html


 だが、 Gスポット が独立組織かクリトリスの内部組織は、依然不明で、
同教授の説通り、オーガズムが得られない女性には Gスポット がないのか、
Gスポット はすべての女性にあるものの、その感度が異なるだけなのかは、
さらなる研究が必要だと、研究者は口をそろえるているようです。

 なお、同教授によると、
クリトリスを刺激することでもオーガズムは得られるため、
Gスポット がなくても気を落とす必要はないということだそうです。

>>> http://sfh.dum.jp/


 世界的にも意義のある Gスポット の研究ためだからといって、
沢山の女性を口説いてとセックスしてるってわけじゃないよねぇ。

 ちょっとエッチ系な女の子とかに、 Gスポット のうんちく語って、
研究もかねてちょっと試してみようか♪とそのままベッドに。。。
なんていうこともあるかもね~☆ (ノ*゜▽゜*)ニパパパ

>>> http://keroro.chu.jp/url/nana-star/
スポンサーサイト
Edit  |  11:37  |  くろみゆ雑記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


管理者だけに表示

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。