スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2011'06.14 (Tue)

ゴクウがべジータを超えたものとは?

「敵に勝利すること」を渇望した孤高の天才戦士べジータと、
「戦いを楽しむこと」のために純粋に強さを求めた下級戦士孫悟空。

そして、最後に伝説のスーパーサイヤ人になったのは孫悟空の方でした。

なぜ、べジータではなく孫悟空だったのか?

ここには、ビジネスと通じるところがあるなー、と思っています。

「お金がほしい」
「いい車がほしい。」
「豪華な食事をしたい。」
「あいつより出世してやる!」

こういった欲望は、起業したり、会社を運営する上で、
非常に大きな原動力となります。

特に若い頃のエネルギーというと、こういった欲望系ですよね(笑)。


ですが、一方で、

「幸せになるために仕事している」
「本当の幸せとはお金ではない」
「人の笑顔を見ると気持ちがいい」
「人のため、世の中のためになる仕事がしたい」

このような欲望とは真逆の、「愛」系のマインドも
やはり仕事をする上で、そして、人として大事だと思います。


この2つの両立が難しい。

「欲望」に寄れば、一時的には成功したりもしますが、
なかなか人はついてきませんし、孤独になったりして、
本当の意味で幸せではなくなってしまう。

かといって「愛」ばかり唱えてみても、
お金を稼ぐ原動力としてはパワー不足になりがちで、
下手をすると負け犬の遠吠えになってしまう。


どちらも一長一短です。


中心に「愛」を置きながらも、うまく「欲望」を使いこなす。

こういう形になると最強かもしれません。

そう、これ、つまりゴクウなんですよね。(笑)


ゴクウをスーパーサイヤ人にしたきっかけ。

それは、宿敵フリーザに親友のクリリンを殺されたことがきっかけでした。

クリリンのことか~!!!!!


自分のためだけに強くなろうとしたべジータではなく、

「強くなりたい」「戦いたい」という欲望を越えて
最後の最後で、友のために怒ったゴクウが、伝説の超戦士になるのです。

心優しき怒りの戦士 スーパーサイヤ人に・・・。


「ビジネスは金だ、利益だ」と言い放つだけなら簡単。
「愛こそ真実」と言い放つのも簡単。

ひとつ壁の向こう側を見るのは、「愛」と「欲望」の葛藤の中で
苦悩しながら自分を鍛え続けた者だけなのかもしれません。


世界最速ブロードバンド国家韓国ネットビジネスがついに日本上陸!
スポンサーサイト
Edit  |  22:48  |  くろみゆ雑記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


管理者だけに表示

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。