スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2011'04.17 (Sun)

スピードラーニングのウソ・ホント

ちまたには様々な英語教材を見かけますが、
素人が作成したようなものが多く、
「これならできますよ~」的な手軽さをうたっているものの、
どれも自分自身で実証して、結果を出したものではないため、
そのような売り言葉にだまされないようにしないといけません。


例えば、あの有名な聞き流し教材。

これが意味がないものであるという記事を見つけました。

http://labo.ecareer.ne.jp/itm/skill/english/9_1.html

ということは、教材の体験談もフェイクということかもしれないですね。

あたし自身も色々な話を耳にしますが、
日本人が聞き流しだけで英語を見に付けることができた
という事例はいまだかつてありません。

つまり、こういう教材の効果はないものと考えて間違いないでしょう。

もし効果があれば、日本でもトップニュースで伝えられ、
中学校等の授業で積極的に取り入れられているはずですから。。。


他にもラクラクできる英会話勉強法など販売されていますが、
内容的に英語習得に関しては、ど素人の書いたものなので、
そのとおりにしても実践しても効果はないものがほとんどです。

英会話講師も翻訳も通訳も、
他人に英語習得を教えることに関しては、ど素人なのです。

だって、彼らは「英語を使うこと」がプロであって、
「英語習得を教えること」は素人と言えるのですから。

このことを忘れないでください。

ちまたで見られる高額教材の多くは、
ど素人が作っているものなので
効果は疑問視すべきものばかりだということです。

素人が作ったものだから仕方ありませんよね。


もし、あなたが格闘技を習いたいのなら
素人にコーチしてもらいますか???

もちろんそんなことしませんよね。

教えることのできる知識と経験を持ったコーチに習うでしょう?

世の中の高額で英語教材を販売している業者の多くは
英語習得に関してはど素人だということを肝に銘じてください。

そうすれば、そのような高額商品を購入しなくて済みます。

もし、ちゃんとした知識と経験を持った人間に
英語の勉強法を教えてもらいたいと思うなら、コチラをご覧ください。

⇒ http://schliemann-method.com/it/


世界的な語学の天才「ハインリッヒ・シュリーマン」を研究し、
決して甘い言葉を使って「簡単だ」などとごまかしたりはせず、
努力が必要なことや続けるのが難しそうなことが正直に説明された、
最長6ヵ月最短6週間で1つの外国語をマスターできる外国語習得法です。

⇒ http://schliemann-method.com/it/
スポンサーサイト
Edit  |  01:12  |  くろみゆ雑記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


管理者だけに表示

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。